企業の情報化のERPソフトウェアの実施の提案

日付:2018/6/20 10:09:50

1、企業の業務の流れは長年の蓄積を経て一般的に固定されています。



ERPソフトには、先進的な管理理念と方法が含まれており、そのコアは業務の流れの統合である。その核心的な思想は構造によって流れを規範化することで、前提は業務の流れが基本的な規範と安定的なものである。業務の流れがよく変わると、ERPは使えなくなります。しかし、現在の中国の経済は転型と発展の時期にあり、中国の企業は特に中小企業の発展が急速に発展しており、大多数の中小企業の組織、業務、管理のほとんどが変動状態にあることはない。そのため、このような状態の中の国内の中小企業は、ERPをしばらく放置して、企業の核心業務を固定し、流れに対して企業の経済が安定した後、再び実施することはできません。





2、内心でERPに対して認識を認識して、把握しています。



中小企業の指導者はまず自分の企業がなぜERPに上がるのかをはっきり知っているべきで、他の企業がすべて上がったのを見るのではなく、人の雲も雲も、ERPのためにERPに上がる。なにしろ、中小企業の資金や財力に限らず、何度も試してみる機会はない。そのため、企業の指導者は、最初から企業の経営戦略、業務の流れ、生産過程と組織構造をERPシステムと一緒に考えて、プロジェクトの難点と問題を十分に見積もって、合理的な期待値を確定してERPの投入比と成績を評価しなければならない。





3、全会社の研修を続けています。



情報の基礎が弱い中小企業にとっては、企業の最高指導者を除いて、「一手」のほかに、育成を惜しまず、終始全員の訓練を行い、訓練手段を通じて統一的に認識し、中層管理者や末端者も、ERPの実質を十分に認識して理解し、一部の利益が全体の利益に服従し、上下の調和が一致している城地はERPの建設を展開し、ERPのために基本的な保障を提供することに成功した。





4、ERPソフトの選型を重視して、適切なソフトウェアプロバイダを選択します。



ERPソフトウェアの選択はプロジェクトの実施の成敗が重要で、製品の機能、製品のブランドの影響力、供給先のサービスのレベルなどはすべて私達の選択の過程の中で考慮しなければならなくて、その中で最も重要なのはソフトウェアの供給先の選択です。





5、コンピュータソフトウェア技術の角度からシステムの選択と実施を正確に把握する。



ERPシステムはコンピュータ技術の観点から本質的にも広義管理情報システムの範疇に属している。したがって、その選択の標準と実施のステップは、管理情報システムの法則と科学的な方法を遵守しなければならない。まず、選択されたERPソフトの先進性を確保するには、オペレーティングシステム、ソフトハードウェアプラットフォームなどが含まれていることを確保する必要があります。C / S、C / S + B / Sから、完全なB/S構造方向に発展する必要があり、これによって集約化の先進的な管理モードの発展に適応しなければならない。また、ERPシステムの実施の上で容易に実行して維持することができることを確保することができることを確保して、これによって企業が既存のERPシステムの基礎の上で確保して、絶えない進級を通じて成長する需要を満たすことができて、止まらずにERPシステムを再実施して再実施するのではありません。





6、良い実施チームを作ります。



企業がERPを実施することを確定した後、長期的に安定しているべきで、ERP理論の知識と開発能力と経験を実施する専門チームがERPプロジェクトの実施を完了します。このチームは、優秀なプロジェクトマネージャーの指導の下で、企業、コンサルティング会社、ERP供給者の3方によって構成されるべきである。このプロジェクトのマネージャーは、ERP理論と情報技術のシステム認識を持っているだけでなく、企業の様々な業務の流れをマスターして、自分の威信を利用して、各業務科室、合理的な統合と最適化の流れ、指導の完成、同時にERPソフトの選型、コンサルティング業者、ソフトウェア代理店などの協力パートナーの選択及び専門技術をしっかりと行うことができる。スタッフが具体的に実施するなど、実施に関する一連の仕事を行う。また、コンサルティングサービスは企業にとって、ERPソフトに対してより深く研究し、成功した経験を持っており、顧客に時間を獲得し、リスクを下げることを助けることができる。そのため、財力や人力が弱い中小企業にとって、適切なパートナーを選ぶことで、外力を借りてERPプロジェクトの建設を完成させることにより、プロジェクトの成功率を高めることが目的となっている。もちろん、企業は自分の実際の状況に基づいて、ERPソフトウェア商とコンサルティングサービス商の会社の信用を考査して、十分なサンプルの取引先の調査あるいは同類企業の応用の先例を参考にした後に、更に信頼して、長い間協力して、強い総合的な実力と発展の見通しがある会社が自分の協力パートナーとしていることを確定します。





7、計画によって、ステップを分けて、ERPシステムの建設を重点として行う。



理論上の完全なERPシステム、業務の流れはおおらかで、機能は繁雑である。中小企業は時間、資金、人力資源などの制約によって、通常、すべての業務の流れに同時にERPを実施することはできない。したがって、企業の指導者は、実際の状況に基づいて、長期的な実施計画を制定し、核心を把握し、ERPのすべての機能を実現する。ERPの中心思想は統合とオートメーション化であるため、中小企業はまず手作業の自動化の前提を実現することができる。
私たちについて
サービス
製品センター
ニュース
連絡する

15264284817

ホットライン

版权所有 彩旗信息© Copyright 2019. buntinginfo.com. All Rights Reserved.